YUCHIの体外受精ブログ

原因不明不妊で授からないまま結婚から4年が経過。 Shinjuku ART Clinic(新宿アートクリニック、SAC)にお世話になり、体外受精(正確にいうと顕微授精)で3回目の移植により36歳でついに第1子を授かりました。 産休~出産までの間、少しでも誰かの役に立てばと、不妊治療の経緯を思い出してブログを書いてみました!

YUCHIの体外受精ブログVol.22 SAC 第3回目チャレンジ:④【D16&D17】受精確認

採卵翌日の朝。またドキドキしながら受精確認の電話です。

 

気になる受精結果は・・・

培養可能卵子の合計6個中、

成熟卵(MⅡ)3個の内、顕微授精1個は受精、体外受精は1個受精で1個は異常な受精で失敗

未成熟卵3個の内、2個は成熟したので翌日まで受精確認待ちの状態、1個は培養しても未成熟のまま変化がなく培養中止

とのこと。

つまり2個がまだ様子見で、2個が受精。

様子見の分の受精確認でまた翌日9:30~10:00の間に培養室に電話してくださいと言われました。

 

ちなみに異常受精とは、通常は1つしか入れないのに、卵子の中に精子が2つ以上入りこんでしまって受精してしまうことだそうです。そんなこともあるんですね・・・

 

6個中すでに2個脱落で、私はガーン!となりました。すぐに旦那に「ショックだよ・・・」と結果連絡すると、「2個も受精成功じゃん!」とのお言葉。ほんとポジティブだわ・・・!



ということで、また次の日に様子見の分の受精確認の電話をしました。

まず、前日受精した2個は分割が進んでいると言われます。

そして、様子見していた未成熟卵の2個はどうなったかというと・・・

成熟して顕微授精には進んだのですが、1個は受精したものの、1個は卵子の状態が悪化したため培養中止とのこと。

 

また1個脱落です・・・。つまり受精できて残ったのは3個ということに。

残り3個で胚盤胞までいけるものはあるんでしょうか・・・。胚盤胞まで培養できるのは難しいはずなので不安が募ります。

 

胚盤胞までできたかどうかは、3日後の9:30~10:00の間に培養室に電話してくださいと言われました。その時点で移植可能な胚盤胞ができていたら、その日11時に病院で採血し、ホルモン値の結果により最終的に移植するか決定することになるそうです。

 

#不妊治療 #体外受精 #顕微授精 #SAC #新宿アートクリニック #Shinjuku ART Clinic #妊活 #胚盤胞 #グレードA #ウトロゲスタン膣用カプセル

YUCHIの体外受精ブログVol.21 SAC 第3回目チャレンジ:③【D15】採卵&採精

採卵日です!

 

旦那は採精のためまた午前休をとって一緒に来院してくれることになりました。

 

第1回目と同じ流れで採卵の処置が進みます。やっぱり採卵はチクッチクッと少し痛い・・・。処置後のベッドではまたお腹が痛くてじっと過ごします。そして待合室に戻ると旦那はまたすでに採精済でした。毎度お待たせしてごめんね。

 

その後、問診室で培養士さんから今回の採卵と採精結果の説明を受けます。

 

気になる採卵結果ですが・・・

培養可能卵子が合計6個でした!

第1回目と同様の6個!年齢での平均レベルが採れたなら上出来な気がします。

卵子の内訳は、成熟卵(MⅡ)3個、未成熟卵(MⅠ)1個、未成熟卵(GV)2個。ちなみに成熟卵にも大きさがあって、3個の内Lサイズが1個で、Mサイズが2個とのことです。

 

そして採精結果は・・・他は基準値クリアですが、今回も奇形率が98.1%とやや高めでした。が、第1回目と同様に正常な精子が多い状態にできたので大丈夫ですとのことです。

奇形率高めが2回続いたので、実はあとで「奇形精子症」という言葉を調べてしまいました。まぁ先生から特になにも言われないし問題ない状態にしてもらってるしとりあえずスルーしましたが。最近旦那の生活習慣乱れていたかなーストレスあったかなー、とちょっと心配になりました。自分もホルモン値乱れていましたしね・・・

 

以上の結果を踏まえて、体外受精にするか顕微受精にするかの決定をします。

やはり前に説明を受けたように体外受精に向いているのは成熟卵(MⅡ)のみだそうなので、旦那と相談して、以下の通りにしました↓

 

f:id:inochi01:20201227110912p:plain

成熟卵が今回3個あるので、前回胚盤胞のグレードがよかった体外受精に期待し、体外受精を2個と多めにしてみることにしました。LサイズとMサイズの2個がふりかけくんⅡ世候補です。

 

さてさて、結果はいかに!?また翌日の朝9:30~10:00の間に培養室に電話をし、受精を確認してくださいとのこと。

 

問診の後、採卵後の感染症予防に抗生物質フロモックス錠6錠を処方されました。

また、もし今回の受精・培養がうまくいかなかった場合はホルモン値の調整をしておくほうその次のために良いそうで、使わないかもしれないけどと、プラノバールも9錠処方されたのでした。

 

#不妊治療 #体外受精 #顕微授精 #SAC #新宿アートクリニック #Shinjuku ART Clinic #妊活 #採卵 #採精 #フロモックス錠 #プラノバール

YUCHIの体外受精ブログVol.20 SAC 第3回目チャレンジ:②生理2~4日目&排卵日前の受診3回

先月はホルモン値がおかしく、調整の周期となってしまいました(涙)そして、そうこうしている間に36歳になってしまった・・・。36歳ということは、途中途中の単価が高い料金プランBになってしまったわけなのですが、まぁなってしまったものは仕方ないとしか言えないですね・・・。動き出しが遅かった自分も悪い。うーん、早く始めればよかったなぁ。後悔しても遅いのですが。

また生理がきたので生理2~4日目の受診予約をしました。

 

今度の生理2~4日目の受診ではホルモン値問題なしでした。たしかにP4の値が下がっていて、ほっとしました。

第1回目、第2回目の問題がなかったときと同様にレトロゾール錠5錠をもらい、そして次回の予約を約1週間後にとります。

(ホルモン検査結果→E2:27、LH:3.2、P4:0.3、FSH:10.2、β-HCG:0.0)



約1週間後、排卵日前の受診1回目です。

先月のホルモン値がおかしかったこともあるのかなんでなのか、今回は内診では卵胞が成長がゆっくりでまだ小さめと言われてしまいました。

え、がーん・・・なぜ・・・?

 

そこで、排卵誘発のためのゴナールエフ皮下注射150単位というものを接種することになりました。あとで調べたら排卵率、妊娠率が高まる注射らしいです。たしか先生から「やらないという手もあるけどどうする?」と言われて、正直よくは分からなかったけど提案されたからきっとそのほうがいいのだと考え、「します。」と答えました。注射はインフルエンザ予防接種と同様の皮下注射だなのでそれなりに痛いです。大人だし我慢はできるけど、ちょっと気構えが必要な感じ。

「また注射が必要なので、次回は2日後にきてください、」と言われます。

(ホルモン検査結果→E2:92、LH:8.2、P4:0.3、FSH:14.5)



2日後、排卵日前の受診2回目で、またゴナールエフ皮下注射150単位を接種します。

この日の採血の結果は、ホルモン値E2が上昇しきれていないのでまた明日きてくださいと。

(ホルモン検査結果→E2:140、LH:3.8、P4:0.4、FSH:8.0)

 

あぁ、第3回目のチャレンジはなかなかうまくいかないな・・・。この後はもう採卵だと思ってたけどまた来なきゃいけないなんて。急ですが翌日の仕事をなんとか都合つけないと・・・。こういうときの急なスケジュールの調整も不妊治療の大変なところですよね(涙)

しかも前日の急な予約だからか通常の診療時間は混みあっているそうで、普段は診察がない病院の休み時間の14時に受診予約となってしまいました。待ち時間も長くなっちゃうかなぁ・・・?



翌日14時、排卵日前の受診3回目です。いつもより多少待ちましたが、今度はホルモン値問題なく、卵胞も大きさ大丈夫なことが確認できました。次は採卵ですとのこと。

(ホルモン検査結果→E2:258、LH:4.1、P4:0.3、FSH:9.9)

 

ようやく採卵まですすんだー!今回は調整も含めてここまでくるのが長い長い道のりにでした・・・!

 

ブセレキュア点鼻薬をこの日の22時と翌日7時にスプレーしてくださいと言われ、前の採卵と同様にボルタレン坐薬をもらい翌日に1日3回(10時、17時、22時)使用となりました。

 

そして、問診の際には、「まだ採卵前ですが、今度の移植は第3回目のチャレンジとなるので初期胚にするか胚盤胞まで育てて移植するか考えてもいいと思うのですがどうしますか?」と聞かれました。

悩みましたが、移植1回についての妊娠率考えたら胚盤胞移植のほうがいいのかなと考え、胚盤胞でお願いすることに。もちろん培養費用も高くなるし、胚盤胞にまでできるのは確率が下がり移植可能回数が減るかもしれないけれど、初期胚で何回もやるより胚盤胞でできるほうに賭けたいと思ったのです。旦那には事後で承認をもらいました。

 

採卵日時は2日後の午前8時10分くらいからと指定されました。前回同様に、詳細の採卵時間は前日にメールがくるとのことです。

 

前日のメールで、時間は午前8時50分に決定。第1回目のときより少し遅めの時間ですね。今度は何個採卵できて何個が胚盤胞までいけるのだろうか・・・考えても仕方ないのに悶々としてしまって、採卵日まで不安と過ごすことになりました。

 

#不妊治療 #体外受精 #顕微授精 #SAC #新宿アートクリニック #Shinjuku ART Clinic #妊活 #採卵 #初期胚 #胚盤胞 #ボルタレン坐薬 #レトロゾール錠

YUCHIの体外受精ブログVol.19 SAC 第3回目チャレンジ:①生理2~4日目&調整のための受診

さて、2回移植しても結果が出なかったので、第3回目に突入です・・・!

体外受精・顕微受精は最大6回までって決めているけど、何回チャレンジは続くのか・・・

 

翌月の生理がきたらまたしてもすぐに生理2~4日目の受診予約をしました。

というのも、私の36歳の誕生日がすぐそこに来ていたからです。

少しでも成功率が高い若いうちにやっておきたいというのももちろんありましたが、35歳までの料金プランA(成功報酬は高いが途中の診療は安いプラン)でやっておきたいという気持ちも強かったので、間を空けていいやとは全く思いませんでした。

 

しかし・・・

 

今度の生理2~4日目の受診では、なんと、ホルモン値が引っかかってしまったのです(泣)

先生に「残念ですが今回は採卵や移植はできないので、ホルモン調整の期間にしましょう。」と言われてしまいました・・・

えー!今まで大丈夫だったから今回もスムーズにいけると思っていたけど、ダメなときなんてあるのね・・・(涙)

P4の数値が下がりきっていないのが問題だと言われました。なんでだろう。疲れで不眠が続いたり、仕事も忙しくて首肩の凝りがすごかったこととかが原因でしょうか・・・

(ホルモン検査結果→E2:58、LH:6.3、P4:5.4、FSH:13.8、β-HCG:0.5)

 

あとから分かったのは、このときは生理がきたと思って受診したのですが、出血量は少なく、その後しばらくしてから出血が増えたので、正確にはこの受診は生理前だったかもしれないということ。つまり不正出血だったのかな?その可能性があり得ると後に先生に言われただけでよくはわからないんですけどね・・・

 

ホルモンの調整のため、9日後にまた来院の予定となります。



9日後、調整のための受診です。採血と内診をし、3日後の22時にブセレキュア点鼻薬をスプレーしてくださいという指導と、4日後から12日間夕食後に服用するようにとプラノバールの処方がありました。プラノバールはいわゆるピルです。ホルモンを整えるために飲むものだそうです。

これで調整期間は終わりのようで、また次の生理がきたら2~4日目に受診してください、とのことでした。

(ホルモン検査結果→E2:58、LH:7.3、P4:0.3、FSH:8.7)

 

#不妊治療 #体外受精 #顕微授精 #SAC #新宿アートクリニック #Shinjuku ART Clinic #妊活 #調整 #プラノバール

YUCHIの体外受精ブログVol.18 SAC 第2回目チャレンジ:④費用と助成金

さて、第2回目の費用と助成金のお話です。

 

第2回目とはいえ凍結胚移植は初めてなので、またしてもSACの受付・会計に、どれが助成の対象になって必要な領収書かを聞きました。今回はステージCに該当します。

 

初回の申請ではないので、第1回目で必要だった住民票の写しやら戸籍全部事項証明やら住民税課税(非課税)証明書やらは不要です。(あ、でも住民票の写しは申請日が4月以降になるとまた必要というなぞの面倒くさいルールがあります。要注意!)

 

そして結果的に費用と助成金がどうなったか・・・こちらです↓

f:id:inochi01:20201227105430p:plain

まず、第2回でSACに支払った金額は、助成金文書作成まで含めると、合計124,690円!(第1回目のときにお高い凍結費用は集計してしまったので、凍結費用は除いてます。)

 

東京都の助成はステージCのため7万5千円おりました。初回が30万円だったからとても少なく感じる・・・。(2020年時点の金額です。2021年からは助成額が増えるみたい。)そして相変わらず5カ月超えと振り込まれるまでにめちゃくちゃ時間かかりました。もう一度言っちゃうけど、なんでこんなに振込まで遅いんだ東京都よ・・・。

 

東京都の助成承認がでたあと、私が住んでいる区の追加助成も申請し、そちらは2万5千円が振り込まれました。

 

ということで、第2回は結果として下記の通り。

◆SACに支払った金額:124,690円

◆助成額:100,000円

◆自己負担額:24,690円

 

なんとなく今回は助成金文書作成以外は全て助成でまかなえるんじゃないかと期待していたのですが、それ以外の自己負担額は発生してしまいました、がーん。

第1回目と第2回目の自己負担額を合計すると、186,975円となりました。じわじわ増える金銭負担、最終的にいくらになるかなぁ・・・。

 

#不妊治療 #体外受精 #顕微授精 #SAC #新宿アートクリニック #Shinjuku ART Clinic #費用 #東京都特定不妊治療費助成 #不妊助成 #ステージC

YUCHIの体外受精ブログVol.17 SAC 第2回目チャレンジ:③【BT7】妊娠判定検査

移植後7日目。(タイトルで使用している「BT」は胚盤胞の移植日を基準にした表記方法です。)妊娠判定検査でSACに向かいます。

 

ふりかけくんはどうなったのでしょうか!?

 

やっぱり第1回目の初期胚移植よりは妊娠率が高めとあって期待してしまう・・・。でも期待しすぎるとダメだったときの落胆が大きいので、心配性の私はなるべく気持ちを落ち着かせようとします・・・あードキドキ。

今回は平日だったけれど、一人で結果を聞くのは不安だろうからと、旦那が午前休をとって付き添ってくれました。そういうところ本当に優しいです!基本は横で黙々とスマホのゲームしてるだけだけど(笑)

 

採血をして、1時間程待って診察室に呼ばれます。やっぱりここが一番ドキドキドキ・・・。

 

さて、妊娠判定検査結果ですが・・・

 

残念ながらまたしてもダメでした・・・(涙)

 

前回のβ-HCGは0.1とほぼなしでしたが、今回は若干上がって0.5。阿部先生に、「もしかしたら数値が少しあるので着床しかけたのかもしれません。でもこの数値ではダメですね。」と言われました。(大丈夫、期待しすぎていなかったから。)と気持ちを保とうとしたのですが、阿部先生から「今回グレードが良かっただけに残念でしたね。・・・大丈夫?」と優しく言われ、思わずウルっときてしまいました(涙)本当にね・・・ふりかけくんグレードAだったのに・・・やっぱり落ち込んでしまいます・・・

(ホルモン検査結果→E2:70、LH:4.2、P4×2:7.1、β-HCG:0.5)

 

あとで旦那に、阿部先生の優しい声かけに泣きかけたと言ったら、「俺のほうが一緒に来てて優しいじゃないか!」となぜか張り合われましたが、それはそうなんだけど、もちろんありがたいし優しいと思っているのだけれど、ゲームしつつ「仕方ないねー。」と(敢えてだろうけど)軽めに言われるのと、共感の気持ちで言葉をかけてくれるのとでは、やはり女の人の感情への影響度合は違うんだよー。

 

ということで本当にショックで残念な結果。次はまたイチからスタートになってしまいました。

だけど、私の36歳の誕生日も近づいているし、めげずに続けてがんばるしかない・・・!がんばろう自分・・・!!

 

#不妊治療 #体外受精 #顕微授精 #SAC #新宿アートクリニック #Shinjuku ART Clinic #妊活 #胚盤胞 #凍結胚 #グレードA #妊娠判定

YUCHIの体外受精ブログVol.16 SAC 第2回目チャレンジ:②【D18】移植 後編

12時に病院へ戻ると凍結胚の融解が終わったとのことで、まずは問診室にて今回移植する融解した胚盤胞の説明を聞くことになりました。

「着床しやすくするためにおこなった胚盤胞の周りの透明帯除去というのも無事にできました。」という説明とともに、胚盤胞のグレードの説明を聞きます。胚盤胞もまた初期胚とは異なるグレードがあるそうです。

 

SACではGardner分類を元にして、+大きさ、発生時間、年齢を加味して胚盤胞のグレードを決めています。詳細はこちら↓

f:id:inochi01:20201227104914p:plain

f:id:inochi01:20201227104924p:plain

 

 

前回と同じリンクですが、Gardner分類はこちらも参考になるので貼っておきます。

https://www.ferring.co.jp/infertility/glossary/

 

さてさて、気になるふりかけくん(今回移植する胚盤胞)のグレードは・・・

なんと!グレードAでした!!!

 

初期胚のときはグレード3と低いグレードだったふりかけくん。初期胚では微妙でも胚盤胞になったら良いということがあるんですね、うれしい驚きだー!

 

ふりかけくんは、Gardner分類ではBA(IMEは細胞が密集しているがやや少なくTEは細胞数が多い)でした。媒精からの時間は117時間、胚の大きさは177μmとのこと。

説明では「グレードAなので妊娠率50%以上あります。」としか言われたかったのですが、あとから表をじっくり見た感じでは、35歳でグレードAなので妊娠率59%以上は期待できるということでしょうか。今回は60.4%のところに該当するのかな?

初期胚が3割に満たなかったことに比べると、妊娠率が各段に向上しています。もともと旦那が期待していたふりかけくん、これは私もちょっと期待しちゃうぞ!!

 

その後はナースセンターに呼ばれ、第1回目と同様の流れで移植です。移植は前よりちょっと痛みを感じたけれど、採卵ほどの痛さはありませんでした。今回もモニターの様子をじっと眺めていたらあっという間で全然平気なレベル。

 

移植後、第1回目のルティナス膣錠ではなく、ウトロゲスタン膣用カプセルと内服薬のジュリナが処方されました。なんでお薬変わったのかは聞き忘れてしまった、なぜ違うんだろう・・・。ウトロゲスタン膣用カプセルは黄体ホルモンの補充で妊娠を継続しやすくする薬、ジュリナは卵胞ホルモンの補充で着床を促すために使用する薬のようです。どちらも7日の間、1日3回、7時と15時と23時に使用。

15時は仕事中だから特に気を付けて忘れないようにしなくてはー!またアラームセットはするけれど、職場で鳴ってしまうのも困るのでどうするか悩みどころです・・・。

ウトロゲスタン膣用カプセルの説明書はこちら↓

f:id:inochi01:20201227104943p:plain

 

 

こちらもルティナス膣錠と同様に白い成分がでてくることがあるので、生理用ナプキンやおりものシートをつけたほうが良いです。しかしルティナス膣錠と違うのは、直接人差し指を使って挿入すること。慣れてしまえばなんてことはないけれど、慣れるまではまたちょっと難しかったです。

そして案の定15時は、周りが気になってアラームを前もって切って仕事に集中し、入れ忘れに気づいてあとで慌てて使用する羽目になることが多く、時間が少しバラついてしまいました・・・多分大丈夫な範囲内だったと思いたい(汗)